キャリア

転職サイト・転職エージェント選び決定版!30社と面談してわかった結論

マイナビ会計士

私は、BIG4と呼ばれる会計系総合ファームに入社して2年ちょっとで転職したいと強く思うようになりました。私は転職で絶対に失敗したくなかったため、30社以上の転職エージェントと面談を行い、転職エージェントについて徹底的に調べあげました。

この結果、本当に転職に向けてやるべきことについて誰よりもわかっているのではないかと考えています。今回は私が転職活動を通じて得た知識について全て公開いたします。皆様が悔いのないキャリアを築くことをお手伝いできれば嬉しく思います。

はじめに

  • 今のままで良いのか不安
  • より良い仕事がないか知りたい
  • 職場に不満がある
  • 転職したい

これらに少しでも当てはまる人は、転職サイトや転職エージェントに登録してみると良いと思います。登録するだけで、一切の費用をかけずに、転職市場の現状を知ることができます。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職エージェント

転職希望者のエージェント(代理人)となり、企業と転職希望者をマッチングさせる

転職エージェントが提供する価値は下記のものがあります

①エージェントは多くの情報を持っている

エージェントは多くの企業と継続的にやり取りをしているため、転職先のオープンポジションについて多くの知識を持っています。また、多くの人を同一企業に送り込んでいるエージェントであれば、転職した人ともコネクションを持っていることも多く、転職後にどのような期待ギャップがあったかなども教えてくれます。

転職は情報戦です。なので、漠然と1年以内に転職したいと思った段階でも、一度話を聞いておくと転職への具体的イメージが湧くと思います。転職の意志が固いのであれば、企業の個別具体的なことについても教えてもらえます。

②履歴書、職務経歴書の添削、面接対策をしてくれる

エージェントによっては、履歴書の添削や面接対策を行ってくれます。これにより、直接行くよりも見栄えが良くなります。同じ実力でも、小手先の見せ方みたいなやつで変わってしまうことがあります。

誰も添削していない履歴書を提出し、面接で何が聞かれるかも知らないまま行った場合と、エージェントの十分な指導を受けて行った場合で実力は同じに見えるでしょうか?

面接の内容にもよりますが、転職難易度が高い企業になるほど、面接対策の有無による差が開きます。私はエージェントの添削を受けていない履歴書、職務経歴書をとある中堅コンサルティングファームに提出しましたが、書類落ちしました。入りやすい企業であると聞いていた企業なので、これにはショックを隠せませんでした。

書類のフォーマットを整えることは大切なのです。

③キャリアカウンセリングをしてくれる

エージェントは求職者の味方です。キャリア相談などもしてくれるので、自分が知らない会社を紹介してくれることも多々あります。自分が知らないところで自分のスキルが必要とされていることがあるので、転職先に少しでも悩んでいるなら相談に行った方が良いでしょう。

直ちに転職の意思がなくても、1年以内くらいにあれば、話を聞いてくれるところがあります。面談の予約をする前に素直に伝えておくとスムーズです。

業界別おすすめ転職エージェントはこのページの後半でご説明します。

転職サイト

  • 転職希望者と、転職エージェント(=ヘッドハンター)をマッチングさせる
  • 転職希望者と、企業を直接マッチングさせる

転職サイトの使い方には、受動的なものと能動的なものがあります

受動的な使い方

メインの使い方はこちらです。転職サイトに自分の(匿名)履歴書、職務経歴書を登録しておくと、企業の採用担当者や転職エージェントから連絡をもらえます。

一流企業の採用担当者も見ていることがありますので、登録しておく価値はあります。例えば某トップ戦略コンサルティングファームの採用担当者もビズリーチを閲覧しています。

また、転職サイト経由で転職エージェントからスカウトをもらうことはかなり有益です。なぜなら、向こうは履歴書、職務経歴書を見た状態で、転職希望者にマッチする求人を持ってきてくれるため、その案件を見て、有益そうな場合のみ話を聞けば良いからです

自分でエージェントに行く場合は、とりあえずアポを取り、自分の話を数十分間してみたものの全く興味がない案件だけを紹介されることがあります。そのようなことを避けるためにも、予め転職サイトに履歴書、職務経歴書を公開しておくことは有益です。

ちなみに、この方法で大変素晴らしい転職エージェントに出会うことができ、モルガン・スタンレーを紹介していただきました。

能動的な使い方

能動的な使い方は、自分から転職サイトで求人を探すことです。転職サイトはいろんな企業の求人がまとまっているので、そこから望みの求人を自分で探すことが可能です。しかし、私はこの使い方をおすすめしません。

転職エージェントは求職者と面談を行い、候補者にマッチする求人を代わりに探してくれます。したがって、自分で探す必要がそもそもあまりありません。強いて言うなら、業界の求人情報について自分で空き時間に簡単に調べられることでしょうか。調べた場合でも、エージェントと面談を行うべきです。エージェントはネットで調べられる情報よりも詳しい情報を持っているので、応募前に最終確認を行うと良いと思います。

転職までのプロセスは大きく4通り

  1. 企業の中途採用サイトから直接応募
  2. 転職サイトに登録 → 企業からスカウト or 自分から企業の求人に応募
  3. 自分から転職エージェントに連絡 → 転職エージェント経由で企業に応募
  4. 転職サイトに登録 → 転職エージェントからスカウト → 転職エージェント経由で企業に応募

整理すると、次のようになります。

それぞれのメリット・デメリットを比較しながら、最適な転職戦略についてご説明していきます。

転職エージェントを使わない場合

まずは転職エージェントを使わない場合、①と②から見ていきます。

①企業の中途採用サイトから直接応募

メリット 企業の採用担当者と直接やりとりできる
デメリット 転職エージェントを使えないことにより、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、他社情報の収集などで他の応募者と比較して不利になる

 

どんな場合におすすめか

基本的に、直接応募する必要はあまりないかと思いますが、いくつか考えられます。

まずはデメリットが小さい場合です。履歴書、職務経歴書が完璧であり、面接対策も必要なく、応募先企業の情報も十分に持っている場合です。

次に、直接応募するメリットが大きい場合です。

例えば、直接応募しか受け付けない企業があれば直接応募するべきかもしれません。しかし、大手であればほぼないと考えています。大手外資系戦略コンサルティングファームはすべてエージェントの応募を受け付けますし、外資系金融機関(ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーその他)や大手金融機関(MUFG, 野村證券)などもエージェント経由が多いです。

②転職サイトに登録 → 企業からスカウト or 自分から企業の求人に応募

メリット
  • 企業の採用担当者と直接やりとりできる
  • 企業からスカウトをもらっている場合、自分が保有しているスキルが相手企業にマッチしていて、入りやすい可能性がある
デメリット 転職エージェントを使えないことにより、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、他社情報の収集などで他の応募者と比較して不利になる

デメリットについては①と同じで、転職エージェントを使わない事によるものです。

転職サイト経由で応募する場合と、企業の中途採用ページから直接応募する場合での違いはほぼないと思います。

しかし、①との違いは、転職サイト経由で企業の採用担当者から声がかかった場合です。この場合、転職エージェントを使っていないことを向こうも知っているため、より親身になって話を聞いてくれます。また、向こうから声をかけてきているので、採用される確率もそれなりに高いものになっています。

多くの場合、採用プロセスに入る前に電話か対面で面談を行ってもらえます。これにより、企業の採用担当者からより多くの情報を得ることができる場合があります。特に、採用人数が少ない部署については、転職エージェント経由で集められる情報に限界がある場合があり、こちらが有効です。

転職エージェントを使う場合

ここからは転職エージェントを使う場合、③と④を見ていきます。

  • ③自分から転職エージェントに連絡 → 転職エージェント経由で企業に応募
  • ④転職サイトに登録 → 転職エージェントからスカウト → 転職エージェント経由で企業に応募

③と④は、転職エージェントと出会ってからは同じです。違うのは、自分で転職エージェントを探して連絡して出会うか(③)、転職サイトに自分の自己紹介を登録して、転職エージェントから連絡をもらって出会うか(④)という点です。

ではまず③と④に共通するメリットからです。

メリット 転職エージェントが使える(履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、情報収集)

 

③自分から転職エージェントに連絡 → 転職エージェント経由で企業に応募

こちらの場合は、1人の転職エージェントにフルサポートしてもらうことが多いです。おすすめ転職エージェントは後述しますが、主に3つの点で評価します。

  • 自分が行きたい業界・企業に詳しいか
  • 履歴書・職務経歴書の添削サポートは十分か
  • 面接対策は十分か

 

④転職サイトに登録 → 転職エージェントからスカウト → 転職エージェント経由で企業に応募

こちらの場合は、転職エージェントは主に1つの案件を持ってくると考えて良いです。彼らはすでに候補者の履歴書・職務経歴書を読んでいるので、

「〇〇社の□□という部署のアナリストのポジションはあなたの経験にマッチしています。□□は数年前に新設された部署で、あなたのような人材を募集しています。ご興味がございましたら面談のお時間をいただけませんでしょうか。」

というような感じのメッセージを送ります。したがって、こちらとしても、もしそれで興味があればその案件を聞いてみる、というような使い方がよいでしょう。

一方で、彼らは少数の案件しか持ってこない関係で、フルサポートというよりかは、とりあえず企業に候補者の履歴書・職務経歴書をぶつけて、受かればいいし、落ちたら次の候補者を探す、というような雑な扱いをするところがあります。

私もこのような悪質な転職エージェントにあたってしまいました。そのエージェントは、BIG4の少し下くらいの某中堅コンサルティングファームの役員と仲がよく、その人からやればWebテストも免除だし、カジュアル面談も設定できると言ってきました。

しかし、そのエージェントは全くといって良いほど履歴書・職務経歴書の添削もしてくれず、ほぼそのまま投げつけて書類落ちしました。(その後、別のエージェントに履歴書・職務経歴書のブラッシュアップをしてもらったところ、より上位のコンサルの書類を通過しました)

したがって、基本的には1つのエージェントでフルサポートしてもらうべきで、並行して転職サイトにも登録しておき、いい案件があれば話を聞いてみて、自分がメインで使っているエージェントにも相談してみるという使い方が良いと思います。

「こんな話を他社で聞いたのだけど」といえば、その話についてエージェントが情報を集めてくれると思います。

転職活動の具体的なプロセス

私は、下記のフローを併用することが最も効果的に、効率良く転職活動を進めるコツだと考えています。

転職活動の全体像

転職に向けて行うべきこと

転職活動の全体像で示した、最上位の2つを行う必要があります。

  • 転職エージェントへの登録
  • 転職サイトへの登録

転職エージェント選びは複雑ですので、まずは転職サイトへの登録からみていきます。

転職サイトへの登録

転職サイトは下記の2つに登録すれば十分です。

BIZREACH

ビズリーチは非常に有名な転職サイトです。ビズリーチの特徴は、転職エージェントも、企業の採用担当者も、見ている人が多いということです。また、登録時に若干の審査があることで、登録者の質が担保されています。

転職サイトの中では最も良い案件があるサイトでしょう。転職エージェントにも出会えますが、ビズリーチは他のサイトと比較して企業からの直接スカウトが多いと感じます。マッキンゼーやアクセンチュアの採用担当者がビズリーチ経由でスカウトしていることも有名です。

CAREER CARVER

CAREER CARVERはリクルートのハイクラス転職・求人サービスで、ここにも多くの優秀な転職エージェントが登録しています。企業の採用担当者は少ないですが、転職エージェントは質、量ともに十分です。

転職エージェントの目線で考えると、ビズリーチと比較してサイト利用料がかなり安いので、こっちから候補者にアプローチしたいと考える人は多いです。

私の場合は、キャリアカーバーで外資系投資銀行に精通した転職エージェントからご連絡いただき、非常に有益でした。

転職サイト利用の注意点

転職サイトには受動的な使い方と能動的な使い方があると述べましたが、BIZREACHもCAREER CARVERも受動的な使い方さえしておけば良いです。つまり、サイトに自分の情報だけ載せておき、メッセージが来た場合のみ開きましょう

サイトに自分の情報を登録すると、氏名などは公開されないものの、自己紹介文は転職エージェントが閲覧可能な状態になるので、必要な場合は特定されないように自分で情報を隠してください

転職エージェントへの登録

転職エージェントには、業界特化とそうでないものがあります。

<div class=”simple-box8″><p>行きたい業界が決まっている場合は業界特化のものが、そうでない場合はより一般的なエージェントがおすすめです</p></div>

まずは業界特化型からご紹介していきます。

外資系戦略コンサルティングファーム

戦略コンサルティングファームを専門とする転職エージェントとしては、ムービンストラテジックキャリアがおすすめです!

ムービンストラテジックキャリア

ムービンは、戦略コンサルティングファーム出身者が作ったエージェントで、元戦略コンサルティングファームのキャリアコンサルタントが多く在籍しています。

履歴書・職務経歴書のブラッシュアップ、面接対策についてはかなりしっかりしています。転職実績が豊富なため、情報が多いです。また、1人のエージェントがわからない場合でも、社内の他の人に確認してくれるので、大抵の問題は解決します。

外資系投資銀行、PEファンド、FAS

外資系投資銀行も、戦略コンサルかそれ以上に入るのが難しい業界です。特に、未経験から投資銀行に入るのはかなりの困難です。外資系投資銀行はコンサルはよりもさらに採用人数が少なく、例えばGSやモルガン・スタンレーの投資銀行の中途の採用は年間数人程度です。そして、そのうち多くは業界内での転職なので、未経験となると1人とかになってしまう場合があります。

入るのが困難な業界だからこそ、しっかりとした準備が必要です。投資銀行やPEファンド等に特化したエージェントを使うことをおすすめします。これらの話は何人か聞きましたが、最もおすすめするエージェントはアンテロープです。

アンテロープ

アンテロープは業界では有名なエージェントです。あのOpenWork(旧Vorkers)の設立者が、その前に作った転職エージェントです。

私も転職相談に行きましたが、外資系投資銀行各社の去年の中途採用人数をすべて把握していました。どんな属性の人が言っているかも詳しく、どこの人がどこに移籍したかなども知っていました。転職エージェントってこんなに詳しいのかと驚きました。

アンテロープは金融系に強いエージェントで、外資系金融機関や、PEファンド、FASについても詳しいです。これらの業界に行きたいと考えているのであればアンテロープがぴったりでしょう。

その時はまだ1年後くらいに転職しようかな、という感じでしたが、親身になって相談にのっていただけて、大変有益な時間をいただけました。すぐに転職するのではなくても、定期的に情報交換しましょうとお声がけいただけて、本当に求職者思いのよいエージェントだと思いました。

公認会計士業界

私自身、公認会計士であるということで、公認会計士特化のものを1つご紹介させていただきます。

マイナビ会計士

マイナビ会計士

マイナビ会計士は公認会計士特化のエージェントですが、私が公認会計士ということで利用しました。マイナビ会計士以外にも、マイナビ〇〇、のような形で業界特化のものがあります。

マイナビ会計士は非常に組織化、マニュアル化されている印象です。

マイナビエージェントは、候補者と直接話すキャリアコンサルタントの他に、キャリアコンサルタントを強力にバックアップする人たちがいます。企業に案件を確認する担当者が業界ごとにおり、その方々とキャリアコンサルタントが連携してサービスを提供する形になっています。規模が大きいため、多くの企業の情報を適時に集めることができており、また、案件はシステムに入力されているため、初回面談後に割り当てられるダッシュボードからすぐに確認することができます。

転載不可なのでダッシュボードの画面は載せられませんが、企業の求人一覧が大量に並んでいるイメージです。そこの企業名をクリックすると、詳細な求人内容について見ることができます。そこには選考方法についても書かれているので、安心して転職先を選ぶことができます。

業界でも最も進んだWebシステムを使っている転職エージェントの1つだと思います。案件についても、戦略コンサルティングファームや外資系投資銀行などの本当のトップティアはないのですが、BIG4系コンサルやFAS、その他の多くの企業の案件が豊富にあり、非常に参考になりますので、登録しておくことをおすすめします。

また、キャリアコンサルタントと面談後にアンケートを行っていることも特徴的で、そのおかげもあり、私とご担当された方は非常に人当たりがよかったです。優しくて、雰囲気良く面談できると思います。あと、オフィスが広くて極めて綺麗で、本当に多くの方が利用されているんだなと思いました。

全業界に対応できるエージェント

業界特化エージェントはここまで見てきましたが、ここでほぼ全業界で幅広くやっているエージェントを紹介します。

ここではdodaをおすすめしておきます。

doda

dodaはWebから求人検索ができる転職サイトでもありますが、会員登録をすることでエージェントサービスを利用できます。転職サイトに掲載している案件や、一部の非公開案件を知ることができるので、もし行きたい業界が全く決まっていないような状態でしたら、dodaのエージェントサービスに登録して話を聞いてみて、ゼロベースで意見交換してみると良いでしょう。

本当に幅広い案件があるので、良い案件が見つかる可能性が高いです。私の同僚は、dodaを使ってアクセンチュアとBIG4の内定を得ていました。

さいごに

ここまで転職戦略の説明から、転職サイト、転職エージェントの使い方について見てきました。大変長い記事を読み終えた皆様は、転職について相当真剣にお考えになられているかと思います。

ここで書いた転職サイト、転職エージェントはどれも私が自信を持っておすすめできるサービスです。

2つの転職サイト(BIAREACHとCAREER CARVER)に登録して、転職エージェントは自分が良さそうと思ったものに1つか2つ行ってみるとかなり転職に対する視野が広がると思います。

もしなにかご不明点等ございましたら、メールからお問い合わせいただければお答えすることができる場合もありますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事が少しでもお役に立てればこの上ない喜びです。今日はここらへんで筆を置かせていただきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。