未分類

会計士受験生に読んでほしい!会計士の推薦図書

 

会計士試験は長丁場です。どうしても勉強に身が入らないときには息抜きも必要です。

スポーツで汗を流してスッキリするのもいいでしょう。友人とおしゃべりするのも気晴らしになります。体重が少し気になっても、思いっきり美味しいものを食べるのもいいかもしれません。

「でもせっかくなら勉強の合間の一休みすらも、将来のために役立つようにしたい!」そんな思いはありませんか?今回はそんな人のために会計士受験生にオススメで役立つ書籍をまとめてみました。

日々の勉強や仕事に役立つ本

学びを結果に変えるアウトプット大全


学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

会計士受験生は学んだ内容を答案用紙にアウトプットするのが仕事です。テキストを読むというインプットだけでなく、実際に多くの問題を解く=アウトプットをしている受験生のほうが要領よく試験に合格しているようです。

さらに合格したのち監査法人では”No Paper No Work”という言葉を聞いたりします。監査調書や議事録、メールといった何らかのアウトプットがない限り、仕事をしているとは言えないよということなのです。

そんな効果的なアウトプットを効率的に生み出すことを指南する書籍がこちらの「学びを結果に変えるアウトプット大全」です。この本が他の本よりも優れている点は次のようなところです。

  • イラストや図表が多く、直観的にわかりやすい
  • スライドや企画書といったライティングのアウトプットだけでなく、プレゼン・議論・相談などといったスピーキングのアウトプットなども豊富に記載
  • この本のメソッドは試験勉強だけでなく、仕事にも活きてくる

ぜひより多くのより良いアウトプットを生み出せる会計士になってください!

キャリアを考えるのに役立つ本

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

会計士が活躍できる場はたくさんあります。監査法人をはじめ、経営コンサルや金融機関、事業会社でのCFO、経営企画、経理など多種多様です。会計士試験合格の最大のメリットは選択肢が増えることかもしれません。

しかし、選択肢が多くてもそこから一つに決めるための基準がなくては意味がありません。つまり、どのキャリアが自分にふさわしいのかを知らなくてはいけないのです。そのためには当たり前ですが、自分の強み・資質を的確に把握しておくべきです。

本書は2001年に英語版が出版されてから世界中の多くの読者に利用され続けている自己分析の書籍です。出版元のギャラップ社は、200万人へのインタビューをもとに様々な人がもつ資質を34個に類型化しました。書籍ではそれぞれの資質を持った人がどのような適性を持っているのかが詳細に記述されています。

そしてさらに重要なのは、この書籍を買うとギャラップ社特製の自己分析が受けられることです。書籍それぞれにコードが割り当てられており、それをもとにWebサイトで詳細なテストが受けられるのです。自分が34の資質のうち、何を持っているのかも教えてくれます。例えば筆者は次のような資質を持っていました。どれも言われてみればかなり当たっています。

  • 収集心
  • 学習欲
  • 着想
  • 内省
  • 信念

なかなか自分の強みは自分ではわからないものです。第三者の意見を聞いて初めて周りとの差異がわかります。せっかくの会計士人生、強みを活かしていきましょう。

会計士をもっと知るための本

公認会計士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本


公認会計士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本 [第2版]

大手会計士予備校東京CPA会計学院の理事を務めている国見氏がまとめあげた会計士の指南書です。多くの合格生を指導・排出してきただけに記載されている情報はどれも受験生が欲している情報です。

この本の特徴的な点は次の3つです。

会計士を目指すかどうかを決められる

どうやったら会計士に受かるかだけでなく、そもそも会計士試験とはどういうものなのかの記載がしっかりとあります。実際に試験勉強を始めるまえや勉強を継続するかどうか悩んだ時にも役立ちます。

試験勉強中、さらには合格後にも役立つ

会計士資格を取得した後のキャリアの部分についても記載があります。監査法人のパートナーやコンサル、ベンチャーCFOなど様々なケースが紹介されています。試験勉強中は明るい将来を目指して頑張れますし、合格後のキャリアに悩んだ際にも何か気づきがあるはずです。

最後に

ぜひ気に入ったものがあれば、実際に手もとに置いてふとしたときにパラパラと読んでみてください。きっとこれからの勉強や仕事に役立つ何かがあるはずです。

頑張る会計士受験生を応援しています。